ソフトバンクエアーの速度とエリアの関係

ソフトバンクエアーはモバイル回線を利用しているので、簡単な設定で自宅にWi-Fiが使えるようになりますし、ソフトバンクの通信網を利用しているので日本全国で安定かつ高速のインターネットができます。

通信速度は利用する機種によって異なり、現在販売されている最新機種を利用した場合には最大962Mbpsと光ブロードバンド回線に劣らない速度での通信が可能となっています。

一方でソフトバンクエアーは利用するエリアによって最大通信速度が変化する仕様となっていて、どんな場所で利用した場合でも962Mbpsで通信ができるわけではありません。そのため契約前には自分が設置を考えているエリアや、そのエリアでの最大速度を確認しておくことが大切になります。

最大962Mbpsでの通信が可能な具体的な場所ですが、都心などの一部のエリアのみとなっていて、通常では速度は最大で481Mbpsとなっています。ほとんどの場所では481Mbpsでの通信が可能となっていますが、地方や山間部などでは最大速度が更に制限されることもあります。人がほとんど訪れることがなく、基地局などが整っていない場所に設置をした場合は最大110Mbpsとなってしまうこともあります。なお、スマートフォンで標準画質のインターネット動画を視聴するのに必要とされる速度が概ね1Mbps前後なので、ソフトバンクエアーはどの場所に設置をしてもスマートフォンなどを問題なく利用できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *