ソフトバンクエアーのサービスエリアと通信速度の関係

ソフトバンクエアーは家庭に設置するWifiルーターが基地局と無線通信を行ってインターネットに接続するので、光回線のように設置工事が不要で手軽にサービスが利用できるというメリットがあります。

光回線は回線工事が可能なエリアが制限される場合がありますが、ソフトバンクエアーはサービスエリア内であればどこでも利用できます。ただし、利用可能エリア内でも同一の基地局を利用する他のユーザーが多いと回線速度が低下する場合があります。人口密度の高い都市部では基地局に大容量の通信が可能な設備が設置されているので、通信速度のカタログ値は高く表示されています。

それでも利用者が多い時間帯は基地局の処理能力が追い付かずに、速度が制限されてしまう場合があります。ソフトバンクエアーのサービス提供エリアには人口が少ない地域も含まれていますが、都市部よりも基地局の処理能力が低いので通信速度(カタログスペック)が低く表示されます。ただし、都市部よりも人口密度の低い郊外や田舎のほうが同じ時間帯に同一の基地局と通信するユーザーが少なくなります。

人口密度が低い地域は基地局の処理能力が低いですが、ユーザーが少ないことで混雑する時間帯でも速度制限を受けることなく高速でネットが使えるというメリットがあります。人口が少ない一部の地域は光回線が利用できませんが、ソフトバンクエアーであれば快適にネットが使えることが多いので特におすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *