2社間ファクタリングのメリット

ファクタリングで資金を調達する場合、2社間ファクタリングを選ぶ人が多くいます。


それにはどのようなメリットがあるからなのでしょうか。

ファクタリングの珍しい情報をご紹介しています。

最も大きいメリットが、取引先に資金繰りが悪化していることを知られずに済むという点でしょう。資金繰りが悪化していることが分かってしまうと破綻するリスクを恐れて、今後の仕事に影響が出てしまう可能性があります。


取引先によってはたくさん仕事を回すから安くやってもらえないか持ちかけられ、割に合わない仕事を負うことになるケースもあります。

負担が増えれば体力的にもいずれ限界がやってくることになりますが、一度安く請けてしまうとその後の取引で値を上げることが難しくなり、結果として自分の首を絞める可能性も懸念点です。



ファクタリング業者と申込者の間だけで契約が完結しますので、調整にかかる時間も短く、最短即日で現金化することも可能です。



買い取ってもらった債権は本来の入金日に支払いをしないと取引先に通知が行ってしまうので、絶対に振込を忘れないようにしなくてはなりません。
業者によっては債権が譲渡されたことを登記するところもありますが、登記保留のまま手続きをしてくれるところもあるので、より取引先にバレるリスクを抑えて売掛金を現金化することが可能です。

資金がいつまでにいくら必要なのかによって、どのような資金調達を行うべきかは変わってきます。
困っているときこそ慎重に判断しなくてはなりません。