ファクタリングを利用するメリット

融資やカードローンなど事業性資金を調達する手段には様々なものがありますが、近年多くの個人事業主や軽々者が利用しており、急速な広まりを見せているのがファクタリングと呼ばれる資金調達方法です。ファクタリングを利用しての資金調達にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

大きなメリットとしてまず挙げられるのが、赤字経営でも税金を滞納していても利用できる点です。


ファクタリングは取引先の売掛金を売却することで資金を調達するため、仮に自社の経営状況が芳しくなく、銀行などで融資を断られてしまった場合でも資金調達が可能なのです。



また銀行の手形割引などの場合は、取引先が倒産してしまった場合などに自社で銀行に対して手形の補償を行う必要がありますが、ファクタリングは売買取引であるため、仮に取引先が倒産してしまった場合でも補償の義務がないのもメリットです。


さらには急いで資金調達をしたい場合に向いているのも、強みと考えられます。

事業性融資などの場合、審査に数日から数週間程度の期間を要することが多く急いで現金が必要な場合には役に立たないことがあります。

その一方でファクタリングは最短で即日の振り込みに対応しているので、突発的に資金需要が生じた場合などに非常に便利なのです。取引先に売掛金を売却したことを知らせることなく資金調達ができる、「2社間取引」もほとんどの業者が対応しているので、気まずい思いをせずに現金を得ることも可能です。