ファクタリングは融資と似ているがより手軽

category01

企業等が事業資金の融資を受ける時は、ビジネスローンなどの一部の金融商品を除いて担保となる資産が必要となります。多くの場合、社有地や工場などの不動産がその対象になりますが、そうした資産を持たない企業等は、未収の売上代金すなわち売掛金を担保に融資を受けることも可能です。

知って大満足のファクタリング関連情報を解説します。

これを売掛債権担保融資といいます。
この売掛債権は、融資以外の方法で事業資金を得るための原資として活用することもできます。

具体的には、第三者に譲渡することでその売却代金を得ます。
このような資金調達法を、ファクタリングといいます。

ファクタリングは上記の通り融資ではないため、利息が発生しません。


利用時には売却代金から手数料が差し引かれますが、その後長期にわたって金利を負担しなければならないということがないため、返済に不安があって融資を利用しづらいという企業等でも気軽に利用できます。

また、融資と同様にファクタリングも利用時には審査がありますが、審査時においてはもっぱら売掛金の回収が確実にできるかどうか、すなわち利用者から見れば取引先の信用度が重要なポイントとなり、自社の信用度についてはそれほど問われません。



したがって、事業を始めてから日が浅いなどの理由で融資の審査に通りにくい企業等でも利用しやすいというメリットがあります。



さらに、審査内容が融資に比べると簡易であることから、現金化までの日数が短いというものメリットの1つとなります。

ファクタリングを詳しく知りたいなら

category02

融資やカードローンなど事業性資金を調達する手段には様々なものがありますが、近年多くの個人事業主や軽々者が利用しており、急速な広まりを見せているのがファクタリングと呼ばれる資金調達方法です。ファクタリングを利用しての資金調達にはどのようなメリットがあるのでしょうか。...

subpage

ファクタリングの学びたい知識

category02

ファクタリングで資金を調達する場合、2社間ファクタリングを選ぶ人が多くいます。それにはどのようなメリットがあるからなのでしょうか。...

subpage

ファクタリングの事柄

category03

ファクタリングは、資金調達が難しい個人事業主や中小企業の経営者に注目されています。事業を展開するうえで、既に仕事の終わった代金の回収をどうするかは大きな課題になっているのです。...

subpage

ファクタリングの最新情報

category04

ファクタリングで最も気なる点が手数料の高さです。10%程度の手数料だったとしても、利用期間が1か月の場合では年換算で120%近い金額になってしまいます。...

subpage