3社間ファクタリングのメリット

ファクタリングで最も気なる点が手数料の高さです。

10%程度の手数料だったとしても、利用期間が1か月の場合では年換算で120%近い金額になってしまいます。

この金額であれば消費者金融のカードローンを利用したほうがよっぽど安く利用することができます。

今よりもファクタリングに関する有益な情報をご紹介いたします。

しかし3社間ファクタリングはどこの業者でもかなり安い手数料で対応してくれているため、そこまで高額な手数料になりにくいでしょう。
3%程度で利用できるファクタリング業者も多くあり、何か月か連続して利用することになったとしても、資金繰りの悪化への影響も抑えることができます。3社間ファクタリングでは本来の入金日に支払いを忘れてしまうリスクも回避できます。



入金予定の取引先とファクタリング業者が直接契約をすることになるため、自分の手元には振り込まれずに直接債権の償還が行われるからです。2社間での契約では支払い日当日に業者へ振込をしなくてはならないため、当日密な連絡を取らなくてはなりません。
仕事に差し支える可能性もありますので、一回契約したらもう何もすることがない3社間での契約は、様々な煩雑な雑務をすべて無くすことができます。
売掛先が大企業で大きな信用がある場合は、かなり安い金額で契約ができるでしょう。借り入れとは違うため、財務諸表に悪影響を及ぼすことがない点もメリットの1つです。

借金が増えるとローンなど金融機関との取引にも影響が出てくるため、有利子負債は少ないほうが良いのです。